スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大内宿

 昨日はいいお天気に誘われてまたちょっと遠出をしました。
福島は会津にほど近い「大内宿(おおうちじゅく)」というところに行ってみました。
大内宿は会津若松と日光今市を結ぶ旧会津西街道沿いにあるかつての宿場町です。
江戸時代には参勤交代の休憩場所、旅人の宿として栄えたそうです。
現在は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。

行きの車。
またすぐにお休みかと思ったら・・
DSCF7294.jpg
意外と頑張っています。

・・・と思っていたら
DSCF7296.jpg
やっぱり・・・だよね~

なんだかんだで3時間ほどで到着
DSCN1731.jpg
こんな感じで茅葺き屋根の家々が並んでいます。
江戸時代にタイムスリップしたみたい♪

DSCN1699.jpg
三連休ということもあり、結構にぎわっていてびっくり

そして、結構な寒さ
防寒対策してきてよかった~
DSCN1706.jpg
瑞もダウンコートのカンガルーポケットに入ってがっちりガード。

道の両側に並んだ茅葺きの軒下では土地のものを中心にいろいろなものを売っています。
DSCN1716.jpg

小さな水路もあってとってもきれいな水が流れています。
そこで冷やした飲み物もありました。
DSCN1705.jpg

私はすれ違う人が食べていたおせんべいが食べたくてちょっと並んで
DSCN1713.jpg
はい、ゲット~
思ったより大きくて最後パパに助けてもらうはめにごめりんこ。

ざっとお店を見ながら名物のおそばを食べさせてくれるお店に行くと番号札を渡されて約1時間半後になるとのこと。
とっても人気のお店でした。
時間まで今度はゆっくりお店を回ることにしました。
結局、その間瑞は・・・
DSCN1741.jpg
やっぱり爆睡

一回りしたころちょうど時間に。
DSCN1726.jpg
お店の外観はこんな感じ。

こちらがお品書き。
DSCN1778.jpg
いい感じです
奥に見えるのは炭火で、各テーブルはこんな風に囲炉裏を囲んだ席になっていました。

注文した名物の「高遠(たかとお)そば)」
DSCN1795.jpg
一本まるごと大胆に添えられた葱を箸代わりにして、またその葱もかじりながら食べるのだそうです。

こちらは囲炉裏の炭火でこんがり焼いた岩魚
DSCN1785.jpg
お腹の内臓がきれいに取り除かれ、お味噌が詰めてありました。
内臓の苦いのが苦手な私にはとってもナイスな一品でした。
身もふっくらとしていて塩加減も程よく今まで食べた焼き川魚で一番おいしかったです
おそばも絶品で、ぜひまた来たいお店です

お店に入ってようやく起きた瑞も
DSCF7301.jpg
おやつにしました。
後ろに写っている蕎麦猪口も雰囲気いいですよね~。

食べ終わって外に出ると
DSCN1801.jpg
すっかり陽も落ちて真っ暗
写真だと比較的明るく見えますが、駐車場まではほとんど街灯もなく携帯電話の明かりでなんとか駐車場までたどりつきました。
昔は陽が落ちればこんな闇だったんだよな~とあらためて実感しました。

何とかぐずきもだましだましスムーズに帰ってくることができました。
思ったより楽しめるところでおすすめです。
現実逃避して江戸へ行ってみたい方はぜひ。
防寒だけはしっかりしてね!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

aimizu

Author:aimizu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。